なた豆は前述のとおり口臭の発生原因を抑えるとされています。

これはなた豆に含まれるカナバニンという成分が口臭の発生源とされる歯周病部分へ作用するからとされています。

口臭の原因そのものはいくつかありますが、あのイオウのような腐ったようなニオイはこれらの歯周病部分で大量発生
している歯周病菌が原因とされています。

ですので口臭の対策としては、まずこれらの歯周病部分の歯周病菌を根絶させることが重要なのです。
口臭のあの不快なニオイは本来人間が本能的に嫌うニオイとも言われています。

これらをなくすためにも歯周病の改善は必須と言えます。

また歯周病が増えることでさらなる口臭の増加や虫歯、歯肉炎など様々なお口のトラブルを招くとされています。

普段なかなか普通の歯磨き粉では落ない場所で歯周病菌が大量発生し、口臭を発してる場合もあるのです。
口臭を抑えるためにもなた豆歯磨きのこの独自成分の効果、効能は非常に重要と言えます。

またなた豆茶を飲むことでもこれらの効果を期待できるとされています。

口臭の悩みは最近では増えており、これらの理由の一つにドライマウス症候群というものが考えられます。
ドライマウス症候群とはいわゆる唾液がでない症状のことです。
唾液には口臭そのものを抑える効果があるのですが、ドライマウス症候群になるとその唾液がでないために口臭がでてしまうのです。
これらの唾液を出すコントロール方法が最近歯医者さんでも口臭予防として推奨されています。