口臭にはなた豆と言われていますがなぜなんでしょうか?

他にも口臭予防にいいと言われる食品はいろいろあります。

たとえばパセリなどは食後の食べ物による口臭などをその清涼感でスッキリさせます。

またお茶も口臭のニオイを吸着してくれると言われています。

それ以外にも有名なのは柿渋ですね。

お茶と同じく柿には「タンニン」と呼ばれる成分が含まれています。

このタンニンは臭いを吸着する性質がありますので口臭のニオイを吸着して口臭を減らす効果があります。

ですので口臭予防の観点から見るとこれらでも口臭は十分防げるのではないか?

と思うのが一般的ですね。

しかしなた豆歯磨き粉がほかの口臭対策の食べ物と圧倒的に違うのは口臭を一時的に防ぐのではなく、

口臭の根本原因を改善するのがなた豆歯磨きの特徴なのです。

 

これはどういうことかというとなた豆に含まれてる独自の成分が口臭の主な原因である歯周病菌を減らしてしまうからです。

確かに他の歯磨き粉も殺菌成分などで歯周病菌は一時的に減らすことができます。

しかしなた豆が大きく異なるのは歯周病菌が増えにくくすることにあります。

口の中には歯周病菌の巣があり、それらが固まって口臭を発生するのです。

この時の口臭はひどいニオイがするので人間が耐えられないほどの悪臭だと言われています。

 

しかしなた豆歯磨き粉を使うことでこれらの巣を減らし、歯周病菌の数を減らしてしまうことができるようです、

なた豆歯磨き粉を使っているとわかるのですが、寝起きや朝などの口臭が減っています。

ほとんどの人は寝る前に歯磨きしても寝起きというのは口臭がひどくなってるのではないでしょうか?

それは歯周病菌が寝てる間に繁殖するからです。

なた豆歯磨きはいろいろな種類が出ていますが、これらの効果を最大限に発揮するためにもなるべく添加物などを使ってない体に優しいタイプのなた豆歯磨きを選んで使いましょう。

 

どれを購入すればいいかわからないという場合はこちらの比較表を見てみるとわかりやすいかと思います。

なた豆歯磨き比較